時間セレブ中の人ブログ

モテ貯金の中身の雑記

★メインブログ★モテ貯金も更新中


スポンサーリンク


バチェラージャパン10話の感想!ネタバレ有

現在バチェラージャパンをまとめて観ています。

第9話でブリッコ&イヤな女の柏原歩さんが落とされます。

 

柏原さん今回、元カレの話をバチェラーにしてるんですよ。

元カレと6年付き合ったとか、最近まで引きづっていたとか、多分柏原さん的に一途な自分をアピールしたかったんだとコレいかん。

男性的に非常に白けます。

 

こういう女性のカミングアウトで「嫉妬する」「俺の方見て欲しい」と答えるバチェラーは流石ですが、内心興ざめしていたでしょう。

 

お母さんが早くに亡くした話は俺が幸せにしてあげようって思えるけど

元カレを引きづってるという話はフーン、あっそって感じなのです。

以前に同棲経験も打ち明けていたし、生々しい恋愛経験を持つ女は、穢れて見えるんだと思います。もちろんバチェラー自身も恋愛経験豊富かと思いますが、自分はよくて他人は良くないのです。

 

誰もが過去はあるけど、他人のすべて背負えるほど強くないしキレイなものを信じたい弱さがあると思います。

 

バチェラーに限らずみんな自分のことを棚に上げて、他人にはクリーンさを求めるのが必然ですし、気持ちと理屈は比例しないのです。

 

なので今回柏原歩さんが落とされたのは仕方ないと思います。

 

大分前のバチェラーで松長ゆり子が本命候補と言われたけど、焦ってバチェラーの気を引くために泣き落とし作戦をしたり、本当の私をカミングアウトしたけど、無情に落とされた事例を思い出しました。

 

本当の自分のカミングアウト、泣き落とし、過去の恋バナは気持ちを掴むという点で逆効果なんだなーとバチェラージャパンを見て思います。