時間セレブ中の人ブログ

モテ貯金の中身の雑記

★メインブログ★モテ貯金も更新中


スポンサーリンク


高尚で下品な1日

昨日の過ごし方は中々充実していました。

林の中を散歩しながら、読んでいた本(聞いていた本)の内容がとても良かったからです。人として一回り成長できた気分です。

 

 

家に帰ってさらなる人間力と英語力を高めるために映画を観ました。

タイトルはシャイニングです。

 

私はヒューマンものだと思っていたら、超絶ホラーでした。

原作がミザリーなどで有名なスティーブン・キング、監督が時計仕掛けのオレンジで有名なスタンリー・キューブリック。

 

怖い!きもい!なにこれ!がインパクト絶大で、素晴らしかった1日がチャラになった気分です。

 

特にホモカップルが登場するシーンの意味のなさが一番印象に残りました。

 

なぜ片方の男が着ぐるみ(相当きもいデザイン)を着ているのか。

なぜその着ぐるみは尻だけ露出しているのか。

この男二人はどういう性癖をしているんだ。

 

映画終了後、この二人は何者なのかをネットで調べまくり始末。

何回も何回もそのシーンだけを繰り返し観ました。

5秒くらいしかないのに、強烈に私の心をかき乱しました。

 

毎日私は今日あったできごとで最も印象に残ったことのナンバー1を決めているんですが、ホモカップルの着ぐるみ男の汚いケツが栄光を勝ち取ってしまいました。

 

私はキモくて無意味なものが昔から気になる性分です。

 

 

シャイニングよりタメになる映画は沢山あるし、人生で観るべき映画でもないでしょう。けど、のめり込むほど面白かったです。

 

今の私に必要なのは「無意味な娯楽」だと思ってるので、そのことを証明してくれたように思いました