ヒメネー日記

日常のメモ程度しか役割がない

★メインブログ★節約時間セレブも更新中


スポンサーリンク


もしも出川哲朗の子供として生まれてきたら

「お前は橋の下で拾った子や」という定番のジョークを子供の頃にかまされました。

 

私は当時からどうでもよくて華麗にスルーしたんですが、一般的な子供って傷つくことが多いじゃないですか。

 

本当の親か、偽物の親かって大事なんでしょうかね。

子供の脳みそで遺伝子とか養子とかわかんないじゃないですか。

実の母親のお腹から生まれてくることって重要ってことでしょうか。

 

 

例えばの話ですが自分の両親が、父が出川哲朗と母が山田花子だとするじゃないですか。

 

自分たちの遺伝子をついだら大変なことになると思って、石原裕次郎と吉永さゆりの遺伝子を買ってきて、自分が生まれてきたらどう思うのでしょう。

 

美形遺伝子を買って育ててくれてありがとう、と感謝するのでしょうか。

実の両親である出川哲朗と山田花子の遺伝子を持って生まれて来た方が絆を感じるのでしょうか。

 

もし規格外の不細工に生まれたら、私は両親を恨んでしまいそうです。

遺伝子操作だけど美形に産んでくれてありがとうと感謝する?

実の親である石原裕次郎や吉永小百合が気になってくるのでしょうか?

 

 

自分の30歳の誕生日に母親と上記の議論をしました。

なんちゅー会話をしとるんや。

 

もし可能ならパパは神木隆之介とママは広瀬すずで、生まれてきたかったです(✴︎二人とも私より年下)

 

自分でもっと年相応の会話をしろよ、と思いました。