ヒメネー日記

日常のメモ程度しか役割がない

★メインブログ★節約時間セレブも更新中


スポンサーリンク


インコが教えてくれたこと

f:id:horitsukiko:20181218235517j:image

 

2018年は色々あったけど、最大の事件はインコが1週間で死んだことだと思います。

短い期間でしたが心に大きな傷が残ってるようです。

 

新しいインコが家にいるのに、前のインコを思い出して切なくなる日がいまだにあります。

 

もう2度とインコを飼いたくないです。

 

 

けど家には新しいインコがいます。

新しいインコも自分より早く死ぬが分かってるから辛いです。

 

インコの死をキッカケに弱くなってしまいました。

 

知らなきゃ良かったです。

最近ニュースでインコが火事で4000匹も死んだというのが心臓ズキズキします。

 

 

見て可愛いで満足して終われば良いのに、なんで家に連れて帰って一緒に暮らしたくなるんでしょうね。

 

 

ペットショップや鳥カフェにいったら、インコは色んな種類がいっぱいいるし、世話をしてくれるし、一匹死んでも気が付かないし、良いとこどりすれば良いんですけどね。

 

 

恋愛も同じで誰か一人に決めたら、面倒臭いこといっぱいあるし、死んだら喪失感を抱えて、生き続けなくてはいけないです。

 

不特定多数とチャラチャラ付き合ってる方が悲しみを背負わずに生きていけます。

 

死ぬ間際に自分の人生はサイコーだったと思って死ねそうです。

 

ペットと恋愛を一緒にするのは不謹慎ですが、大体同じだと思います。

 

 

前のインコは早くに死んでしまったけど、短い命でしたが、幸せだったんじゃないかなって思います。

 

産まれたばかりでチヤホヤされ愛想をばら撒いて、辛いことを知る前にこの世を去りました。

愛の塊のような生涯であったと思います。

 

ペットショップで亡くなってしまうよりか幸福だったと思います。

 

今家にいるインコは、ストレス発散の棒をガリガリ齧ります。

お前に何のストレスがあるねんと私は思いますがインコなりに不満があるのでしょう。

 

何も考えてなさそうに見えますが実は死にたいと思ってるかもしれません。

 

どっちのインコの人生(?)のほうが幸せなんでしょうね。

 

たった1週間の命でこんだけ問いかけと爪痕を残して、この世を去るなんて、すごいとも思います。

 

 

自分一人の問題だったらペットなんかいない方が良いし、特定の恋人を作らずにフラついていれば良いと思います。

 

幸せにしてあげようって自己犠牲の気持ちがあったら、特定の相手を作れば良いんだと思います。

 

インコの死は苦しいものでしたが、最初から短い命で幸せに亡くなったのならば、傷を背負って生きていくのも仕方ないなと諦めがつきます。

 

 

恋愛も不特定多数とフラフラするのは楽しいかもしれないけど、それだと誰一人も幸せにできないのでしょうね。

楽しいのは自分だけ。

 

 

特定の誰かを選ぶときは自分幸せにしてあげたいと思わないとダメですね。

 

せっかく家にきたし今のインコを幸せにしてあげないとね。

 

 

誰の悲しみも背負いたくないし無責任に遊び続けたいですが、一緒にいて幸せ感じてくれる人がいるならば、代償として悲しみを背負っても良い気がします。

 

いなくなって寂しいし、楽しい思い出が逆に辛いけど、生きてる間にキミが幸せだったら、悲しいのも悪くないはず。