ヒメネー日記

日常のメモ程度しか役割がない

★メインブログ★節約時間セレブも更新中


スポンサーリンク


インコが逃走した日

f:id:horitsukiko:20181224222103j:image

 

ココアをひっくり返したインコ。バカだねぇ。

お調子者でふてぶてしい性格です。

飼い主に似てます。

 

今日仕事に行く時に行ってきますと挨拶しました。インコは丸い瞳で見つめ返しながら首を傾げる仕草をします。

 

飼い主に似てぶりっ子だと思いました。

 

仕事中に母からインコが脱走したと聞きました。不注意で逃したと思い怒りと悲しみが湧きました。

 

凍死、捕食、餓死などいろんな可能性を想像したら涙が溢れました。

 

急いで家に帰ってインコを探しに行きたかったけど抜け出せず、泣くことも許されずに時間が経つのを待ちました。仕事なんてクソだと思いました。

 

帰りもインコの名前を呼びながら無駄にウロウロして探しました。

 

インコがいなくなったいきさつは、兄の背中に張り付いたことに気付かず外出したのがキッカケだったらしいです。

 

怒ってましたが、兄の意気消沈ぶりを見て怒る気にならなかったです。

 

 

インコはマンションを超えて振り返ることなく一瞬で遠くへ行ってしまったらしいです。

その様子は野生の鳥のようであったと兄が言ってました。

 

 

脱走したのは間違いないですが、なんか本人の強い意志を感じる話です。

 

安全圏にいるより危険でも広い世界へ飛び立ちたいがるとこも飼い主に似たかもしれません。

 

初対面でも誰構わず飛びつく図々しいインコなので、きっと上手くやって生きてくれてると信じようと思います。

飼い主に似てるなら、たくましく生きてるはず。

 

生きてると信じてずっと探します。

 

想像で悲しみに暮れる日々を送るより、生きてると信じて探し続けた方が活力が出るから。

 

泣いてインコが帰ってくるならいくらでも泣きますが、涙にはそんな力はないです。

 

 

いなくなって憂いてる暇があったら、100キロ先でも100年後でも、いつか再会するために探し続けます。