ヒメネー日記

日常のメモ程度しか役割がない

★メインブログ★節約時間セレブも更新中


スポンサーリンク


自分のために忙しく生きる

20代のころはダラダラ過ごしてきましたが、30代になって働く意欲が湧きまくってます。

 

いっぱい働いて、いっぱい金を使って、いっぱい貯金がしたいです。

金があったほうが心に余裕があるし、やれることもド派手になります。

 

 

恋愛は過程が面白いですが、金も得るまでの過程がかなり面白いです。

金を得るためにアクセク働くのも悪くないと感じてます。

 

なにより忙しいって素晴らしいなと最近思います。

 

 

昔は忙しいのがイヤで、時間が欲しかったです。

 

ヒマだと余計なこと考えて、つまんないことを気にするので、自分のために良くないなと思いました。

 

「忙しい」という字は心が亡くなると書きますが、時と場合によっては心には亡くなってくれた方が良い場面もあるのです。

 

時間が欲しい!と思った瞬間もありますが、何だかんだで隙間時間をつくって、予定をねじ込んでスケジュールをこなしているので今の忙しさを維持しても大丈夫だろうと思いました。

 

20代前半でセミリタイアして早かったのですが、ダラダラするのに飽きました。

 

 

「私は世の中からいらん存在や」と思って自分の幸せを追求しましたが、それだとすぐに完結するし快適な時間がながい代わりにストレスに弱くなりました。

 

「世の中は私が必要なんや」と勘違いしてるほうが元気だし、ストレスに強いし、「生きがい」がありますよね。

 

幸せと生きがいって似てるけど、手に入れる方法はそれぞれ異なります。

 

幸せは維持したいものであって、生きがいは中毒性が高いです。

ホルモンでいったらセロトニンと、ドーパミンの違いのようなものです。

 

自分はドーパミンのとりこなので、マグロのように死ぬまで泳いでる人生が合ってると思いますし、自分がそれを望んでると思いました。